何故、事故米事件が起きたか

何故、今回(2008年9月)の事故米事件が起きたかというと、本来、かなり安く売買されているか、無償譲渡されている。

しかし、このほとんどただのような事故米を食用の米と偽って販売することにより、多大な利益を生むことができるので、それを悪用して、米分加工会社の「三笠フーズ」が、不正に転売、このたびの事故米事件となりました。

そしてこの事故米事故米と知らないでいろいろな企業が売買し、様々な加工品になって商品となっていたり、病院や高齢者施設などで消費されていたことが今までにわかっている。

現在(2008年9月)事故米を知らずに使用していた業者は焼酎などの商品を自主回収する動きを見せている。